ステーション日誌DIARY

私の思う好きなところ

2022/1/16 日曜日

こんにちは。
れんげ訪問看護リハビリステーション
「日本一踊れる言語聴覚士」木津玲子です。

 

今回も前回に続き、少しゆるめの記事を。
今後当「れんげ訪問看護リハビリステーション」に加え
春には「精神科訪問看護クレヨン」が開設されます。

 

そこに伴って…今回は
「私が思うれんげ訪問看護ステーションの好きなところ」
をあげたいと思います。

*あくまで「木津調べ」なので異論は受け付けません(笑)。

 

1.ブランクがあっても働きやすい
私も実は勤める前、ちょっと(かなり?)
言語聴覚士のお仕事をお休みしていた期間がありました。
(その時に何をしていたかはまたどこかで)

なので、だいぶ緊張の中での出発でしたが
それでもそんな自分をあたたかくむかえてくれている
そんな職場です。

 

2.フレキシブルな対応をしてくださる

またまた私の話になりますが(木津調べなもので)
当ステーションに勤務し始めたときは週1日だけの勤務でした。

それが現在では週4日いたりします。

いろいろと突然に勤務日数や出勤する曜日の変動などを
ご相談することがありましたが
(上司の皆様方、本当にごめんなさい)

それでもその都度私の思いを聞いてくださり、
ここまで対応してくださったことに
本当にありがたく思っています。

…多分しばらくそういうわがままは言わないかと思いますので?
ご安心ください。

 

3.話しやすい環境を作って下さる
もともと「ややコミュニケーション苦手系言語聴覚士」
(なんだそりゃ)
だった時期もある私ですが、

れんげ訪問看護リハビリステーションでの
お仕事を始めた時に、
自分の中でもちょっと気にしていたポイントが
「職場の中でのコミュニケーション」でもありました。
(あくまでいろいろあるうちのひとつです)

でも実際は
所長をはじめとした上司、同僚のみんなに
すごく話しやすい環境を作ってもらえて
(気をつかわすな!←現在の自分からのツッコミ)

今では本当にのびのびと
やらせていただいています(笑)。

 

多分職場の中で普通に「推し活」の話をするのも
(詳しくは私のスタッフ紹介を見てください)
ここが初めてかも。

れんげ訪問看護リハビリステーションの
ホームページでは
「子育て中のママやパパにもやさしい
働きやすい職場」といった
内容のことが書いてあったはずですが

「推し活」の人にも優しいです(笑)
一応名誉のために言っておくと、
仕事はそれなりにやっている…はずです。

 

ということで長くなりましたが
私がおもう
「れんげ訪問看護リハビリステーション」の
3大好きなところ、でした。

それではまた次回。