ステーション日誌DIARY

訪問時の愛用品

2022/1/25 火曜日

こんにちは。
れんげ訪問看護リハビリステーション、
精神科訪問看護クレヨン

「日本一踊れる言語聴覚士」木津玲子です。

 

さて、私もここのブログを
だいぶ更新する頻度が増えたので
そろそろ「ブログチーム」の一員に
なったと言っても過言ではないかな…と
一人で思っています(笑)

 

次なる目標は
「proviamoのブログ番長」ですが、
まだもうちょっと先かな??とも
思ったりしています。
「○○番長」っていう言葉を
名乗りたくなるあたりが昭和ですね(苦笑)。

 

さて、今日は
若干ゆる~い話。
ただその分、私のこだわりが
ある話でもあります。

それは…
訪問の時の靴!

 

私は訪問のときは
ワークマンのファイングリップシューズ
を愛用しています。

もともと作業着、作業靴に強い
ワークマンのシューズ。

数年前に
「雨や足元が不安定な時にも安全」
ということで

妊婦さんたちを中心になり人気になり
女性の愛用者が増えた…という
ズックタイプのシューズです。

 

まずはやはり
足元が滑りにくいということ。
(雨や雪の時も安心)
そして、大雨の日でも
靴下が濡れない耐水性。

そして軽くて履きやすい。
お値段もお手頃。

 

このあたりが訪問で使うのに
重宝しているところ。

 

時々、ご利用者さんにも
「足元滑りにくい靴ってなにかしら…」と
聞かれることがあるので、

その時には結構おススメしています。

 

まぁ難点を言えば…
カラーバリエーションが少ないことかな。

そろそろ靴も
新調しなきゃと思っていたので

 

…ワークマン行ってこよ。