ステーション日誌DIARY

新しいスタッフが入りました。

2022/3/23 水曜日

こんにちは。

れんげ訪問看護リハビリステーション
精神科訪問看護くれよん

「日本一踊れる言語聴覚士」木津玲子です。

 

お彼岸の連休中は
BE:FIRSTの新曲の
サビの振り付けを練習していました。
(仕事しろと言われそう…)

まだ途中ですが
できたら何かでお披露目します。
(いや、しなくていい)

 

さてさて、そんなれんげのリハビリ科にも
新しいスタッフが入ってきました。

ちょうどこのブログを書いている真っ最中に
やってきてくださったので。

ちょっとインタビューして書いてみようと
思います。

 

望月詢也さん。作業療法士さんです。

以前はリハビリテーション病院などで
勤務されていたそうです。
精一杯頑張ります!と
お話しくださいました。

回復期病院で勤めていらっしゃいましたが
よりご自宅でのリハビリを支援したいと
いう思いがあり、
訪問を希望されたそうです。

インターネットでれんげを
見つけて下さり
ホームページかられんげを見つけて
メールを送ってくださった
すごく熱意のある方です。

 

ご出身は川口市とのことで
意外と??地元話も
できるかもしれませんね。

 

洋楽ファンで
ギターも弾けるそうです。
また音の編集などをお仕事で
されていたこともあるそうです。
(メディア系の裏方の
お仕事をされていたようですよ。
詳しくはご本人まで)

 

好きな食べ物は
寿司やラーメンと答えてくださいました。
若いですね~。

私の住んでいる地域は
ラーメン屋さんがたくさんあるので
今度お話ししようかと思っています。

 

私は実は
これを書いている日が
望月さんとは初対面でしたが、

笑顔のやさしい感じの方だなぁというのが
第一印象です。

 

ということで、ぜひ
ご訪問などでお会いできることを
楽しみにしててくださいね!