ステーション日誌DIARY

季節のかわりめ

2022/3/24 木曜日

こんにちは。

れんげ訪問看護リハビリステーション
精神科訪問看護くれよん

「日本一踊れる言語聴覚士」木津玲子です。

 

最近寒暖差が激しいですね…
雪の降る日があったり
そうかと思えばまるで初夏のような日があったり

 

「体がついていかない」という方も
多いのではないでしょうか?

 

こういうときはやはり
自律神経のバランスが
崩れやすくなるみたい。

「自律神経のバランスが崩れる」
という言葉自体は
聞いたことがある、使ったことがある
という方も多いと思いますが

 

じゃあ実際にどんな状態?
というと、

・睡眠の質が下がる
(眠れない、眠りが浅い、寝つきが悪いなど…)

・イライラしやすくなる

・疲れを感じやすくなる

・わけもなく眠くなる

・気分が落ち込みやすくなる

など。
思い当たる方はいらっしゃいませんか?

季節の変わり目というのが
この不調の原因のひとつ、とされていますが
私の場合はそれに加えて
「体のむくみ」が強くなりやすいように感じるので、

この時期は
水分をしっかり摂ったり
お腹にいいものを家では食べるように
(自律神経と内臓のかかわりが強いと
何かで学んだので)

ほんのちょっとだけ気をつけています。

 

気持ちのいい季節になりますから
それに備えて体調は
整えておきたいですね。