ステーション日誌DIARY

国民皆歯科検診があるかもという話

2022/6/04 土曜日

こんにちは。

れんげ訪問看護リハビリステーション
精神科訪問看護くれよん
「日本一踊れる言語聴覚士」木津玲子です。

 

さて、今日はほんのちょっとだけ
ちゃんとしたことを書こうかな、と
思っています(苦笑)。

 

先日ニュースで
「国民皆歯科検診」の話が
出ていました。

 

 

これまでは
1歳半、3歳、そして
大学を除いた学校に通っている人
に歯科検診は義務付けられていましたが

それをすべての世代で
受けてもらえるようにしようというもの。
(政治的な背景は
ニュースなどでご確認ください)

 

お子さんの場合だと歯科検診は
いわゆる「虫歯の発見、予防」の
側面が強いみたいですが

今回の「国民皆歯科検診」は
どちらかというと
歯周病のチェックというのが
メインになりそうですね。

 

…というのも、歯周病の原因菌
(名前は一応調べましたが、
舌を噛みそうなくらいややこしい名前でした)

が、動脈硬化や血糖値の上昇、
免疫力の低下などにつながると言われ

 

そういった部分を防ぐことで、
全身の健康を維持し、
医療費が増えることを予防する
という側面があるらしいです。

 

口の健康が全身の健康につながる、と
いう面では
同じく「口」というところから
リハビリを提供している私にとって
すごく興味深いニュースだなと思います。

 

口の健康、というと
歯科医師や歯科衛生士さんのイメージも
強い方が多いと思いますが、
言語聴覚士、は口腔ケアと合わせて
飲み込みについてみることができる職業。

 

歯科衛生士さんの口腔ケアの
クオリティには
まだまだ勉強させられることが多いですが
これからも様々な部分で
「お口からの健康」の
一部を担えたらなと思います。