ステーション日誌DIARY

くれよんならでは・・・

2022/7/22 金曜日

訪問看護ステーションくれよん

れんげ訪問看護リハビリステーションを運営する

株式会社Proviamoの坂口です。

今日も認知活動にお邪魔しました。

居宅介護支援事業所のケアマネ様の所にご案内にうかがっていますが、

気づいたことがあります。

れんげ訪問看護リハビリステーションの立ち上げの時も認知活動を行っていましたが、

精神特化の訪問看護ステーションくれよんの認知活動とは、大分違うなと感じています。

現在ケアマネ様の訪看認知度は、地域によって違いますが、大体20%~30%程度です。

くれよんのご案内をして感じるのは、精神訪看の認知度の低さです。。。

どんな時に利用するのか??

身体の訪看との違いは??? など、認知がかなり低いなと感じます。

ですので、営業資料でも、精神特化の訪看って何してくれるの??

を作ったりもしています。

逆にいうと、身体の訪看需要は、春日部地域は、高いとも感じます。

イメージは、40人のご利用者様を抱えるケアマネ様は、そのうち3名位訪看を使っている。

ケアマネ様の5人に1人位が精神訪看を使っている。感じです。

中々な、ハード営業ですよね(汗)

もう、来週は、25日になるので、認知活動は控えます。

来月は、精神訪問看護ステーションのできる事とできない事を整理した

資料を作成しご案内しようと思っております。

いつも営業先でお伝えするのは、「僕が言うのもなんですが、本当にやさしい、誠実な看護師さん

がそろっています」「一度使っていただければ、きっと気に入って頂けると思います」です。

その位、自慢のスタッフだと思っています(^-^)/